読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬のおやつ・ドッグフードの選び方

犬のおやつの選び方やドッグフードの選び方、どんな犬のおやつやドッグフードが良いのかをお伝えしていきます。

犬のおやつは何がいいか

犬のおやつは何がいいか

 

 

一緒に暮らして、辛いときも嬉しい時も、いつも心を慰めてくれる犬には、できるだけ快適な暮らしをしてほしいものです。

 

快適な暮らしには、食べ物や主人の愛情、散歩、環境など色々なものが必要になりますが、ここではお楽しみの「おやつ」について考えてみましょう。

 

おやつの種類には、ドライフルーツ、クッキー、ジャーキー、ガムなど、たくさんの種類のおやつがあり、ペットショップやホームセンターに売っています。

 

まず与え方ですが、与えすぎは肥満、栄養バランスが偏る原因となったり、好きな物しか食べなくなったりするので、日常的に食べさせたりごはんの代わりとしてあげることは避け、トレーニングなどのご褒美としてあげるやり方がおすすめです。

 

また、犬の体には毒になってしまうものがあり、デオブロミン中毒を起こすチョコレート関係のもの、赤血球を破壊してしまうネギ類及びネギ類の入ったハンバーグなどの食品は少量でも食べてしまったら病院へ連れて行きましょう。

 

これ以外にも、香辛料や塩分を含む、人間用に味付けされたものや牛乳など乳糖を含む製品などは、近々に命に関わることはあまりありませんが、一時的に健康を損なったり、継続して与え続けることで寿命を縮める可能性があるので避け、主原料が小麦粉で糖質を加えて、甘く味付けされたクッキーなども、本来必要ではないものなのでほどほどにしましょう。

 

あげても問題ないものは、専用フード(総合栄養食)で、主食になるものであるため食べ過ぎさえ気をつければ、健康面では最高のおやつです。

 

主食にしているフードで喜んでくれるのなら、主食のフードを一粒ずつあげるのもおやつとしての目的は達成できるので、栄養面での品質は多少落ちても、犬が好むフードをおやつにするということもできますね。

 

こともできます。

 

例えばいつもドライフードをあげているなら、セミモイストタイプや缶詰タイプのフードを喜ぶことがあります。

 

また、専用フードの主原料と同じもの、たとえばチキンなどの肉類などを主原料とし、適度に味付けされたペット用おやつは主食の食べる量に影響が無い範囲なら、害は少ないと言えますが、添加物には注意してあげたほうがよいようです。