読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬のおやつ・ドッグフードの選び方

犬のおやつの選び方やドッグフードの選び方、どんな犬のおやつやドッグフードが良いのかをお伝えしていきます。

犬のしつけにおやつを使う

犬のしつけにおやつを使う

 

犬は種類によって違いがありますが基本的に食いしん坊です。

 

ラブラドールレトリバー等は非常に大食漢で何でも口に含んでしまいます。

 

現代のペットブームも手伝ってペット用の食べ物は非常に多くなっています。

 

そしてその中にはおやつも含まれています。

 

ただし可愛いからといってあまり何でもあげてしまうと健康を害する危険性があります。

 

今は非常に多くの犬用の食品がありますのでよく品質を見比べなくてはなりません。

 

自分たちの愛犬のためですから出来るだけ労力を惜しまずにより良いものを選定してください。

 

またおやつですがあげる時間やタイミングを決めた方が良いです。

 

例えば一日一回お昼の3時にあげるとかお留守番の時や良く命令を聞いた時のご褒美としてあげるとかいうことが考えられます。

 

いつでもおやつをあげると犬がありがたさを感じなくなってしまいます。

 

例えば上に書いたように命令を聞いた時におやつをあげればしつけを効果的に行うことができます。

 

アメリカでは犬のしつけが上手くいかずに他人を噛んでしまい訴訟になったという話もあります。

 

できれば食べ物を使わずにしつけをしたいと考えるかもしれませんが優秀な盲導犬もはじめはおやつや食べ物を使ってしつけをします。

 

品質のいいおやつを買ってしつけ等に役立ててください。

愛犬仲間へおやつのギフトセットをプレゼント

愛犬仲間へおやつのギフトセットをプレゼント

愛犬を連れて出かけられる場所は、散歩コースだけとはかぎらなくなっています。

 

最近は、より愛犬との外出を促す取り組みが増えてきたため、カフェタイムにペットを連れて出かけられたり、宿泊を伴う旅行でもペットと一緒に楽しめたりするようになりました。

 

そうした場では、同じようにペットを大事にする飼い主と出会えるチャンスもあります。

 

仲良くなった愛犬仲間とともに、最新のペット同伴スポットや、ペットに役立つ情報について情報交換できると助かりますよね。

 

ペットの友だちを作れば、飼い主同士もペットとの生活を今まで以上に楽しむことができます。

 

仲良くなるためや、より飼い主同士、愛犬同士の交流を深めるためにおすすめなのが、ペット向けのおやつギフトをプレゼントする方法です。

 

愛犬向けというのがポイント。

 

かわいらしくラッピングされたギフトボックスなら、オンラインショップで簡単に手に入るので、ちょっとした感謝のしるしに用いるのもおすすめです。

 

単にペット向けのおやつを渡すより、ギフト使用になっているものを渡したほうが、特別感が出て、相手に気持ちが伝わりやすくなりますよ。

 

犬 おやつとネットで検索してみると、オンラインショップもたくさん見つかります。

 

オンラインショップを利用するなら、そのまま愛犬仲間に送り届けるというのも、粋な方法ですね。

 

犬におやつをあげるときに気をつけることとは

犬におやつをあげるときに気をつけることとは

愛犬に美味しくて安全なおやつを用意しよう

人間にとって美味しいものを食べるのが何よりの楽しみなように、動物にとってもやはり食べ物はとても幸福感を与えてくれます。

 

最近はペットフードやおやつもとても充実しており、市販品でもたくさんの商品が販売されています。

 

ペットショップやホームセンターで販売されている犬のおやつでは、ジャーキータイプになっているもの、クッキータイプになっているもの、それからペット用のチーズにミルクなどさまざまな種類のものが販売されています。

 

それから、最近は犬の手作り食がとても人気となっていますので、たまには飼い主さんが手作りで作ってあげるのもおすすめです。

 

最近はレシピ本も充実していますので、そういった資料を参考にして作るのもおすすめです。

 

気をつけたいのは、手作りで食べさせる場合、犬が食べてはいけない食品を使用したりしないようにすることです。

 

人間には健康によくて美味しい食べ物でも、動物には健康被害が出てしまう食品もあるので、しっかり確認してから作りたいものです。

 

それから、最近はペット用のケーキやお菓子を販売しているお店も人気となっていますが、見た目もとても可愛らしく、そして安全な食材で作られ、しかも美味しく食べられるようになっています。

 

お誕生日など特別な日はこういった商品を買ってあげるのもおすすめです。

犬のおやつは何がいいか

犬のおやつは何がいいか

 

 

一緒に暮らして、辛いときも嬉しい時も、いつも心を慰めてくれる犬には、できるだけ快適な暮らしをしてほしいものです。

 

快適な暮らしには、食べ物や主人の愛情、散歩、環境など色々なものが必要になりますが、ここではお楽しみの「おやつ」について考えてみましょう。

 

おやつの種類には、ドライフルーツ、クッキー、ジャーキー、ガムなど、たくさんの種類のおやつがあり、ペットショップやホームセンターに売っています。

 

まず与え方ですが、与えすぎは肥満、栄養バランスが偏る原因となったり、好きな物しか食べなくなったりするので、日常的に食べさせたりごはんの代わりとしてあげることは避け、トレーニングなどのご褒美としてあげるやり方がおすすめです。

 

また、犬の体には毒になってしまうものがあり、デオブロミン中毒を起こすチョコレート関係のもの、赤血球を破壊してしまうネギ類及びネギ類の入ったハンバーグなどの食品は少量でも食べてしまったら病院へ連れて行きましょう。

 

これ以外にも、香辛料や塩分を含む、人間用に味付けされたものや牛乳など乳糖を含む製品などは、近々に命に関わることはあまりありませんが、一時的に健康を損なったり、継続して与え続けることで寿命を縮める可能性があるので避け、主原料が小麦粉で糖質を加えて、甘く味付けされたクッキーなども、本来必要ではないものなのでほどほどにしましょう。

 

あげても問題ないものは、専用フード(総合栄養食)で、主食になるものであるため食べ過ぎさえ気をつければ、健康面では最高のおやつです。

 

主食にしているフードで喜んでくれるのなら、主食のフードを一粒ずつあげるのもおやつとしての目的は達成できるので、栄養面での品質は多少落ちても、犬が好むフードをおやつにするということもできますね。

 

こともできます。

 

例えばいつもドライフードをあげているなら、セミモイストタイプや缶詰タイプのフードを喜ぶことがあります。

 

また、専用フードの主原料と同じもの、たとえばチキンなどの肉類などを主原料とし、適度に味付けされたペット用おやつは主食の食べる量に影響が無い範囲なら、害は少ないと言えますが、添加物には注意してあげたほうがよいようです。

 

犬とお店で過ごす

犬とお店で過ごす

 

最近では、犬を飼う人も増えてきたためか犬を連れて利用できる飲食店が増えており、愛犬も出先で、大好きなご主人とおいしいおやつでくつろぐことができたり、行動範囲が広がるのでとても嬉しいことですね。

 

しかし、一部の飼い主のマナーの悪さにより、せっかくの犬同伴可能なお店が犬連れ不可になってしまうお店もあるようです。

 

せっかくのすてきなお店に出入り禁止にならないよう、十分な気配りをこころがけるようにしたいものです。

 

犬とでかけられる飲食店には、おおまかにドッグカフェと犬同伴可のお店がありますが、両者は似て非なるものです。

 

ドッグカフェ」は一般的に、利用客が犬を連れて訪れることを前提としたカフェ、やレストランのことで、飼い主と犬が過ごしやすいようにリードフックが備え付けてあったり、犬用の水や食事メニューが完備されていたりするので、犬を連れてグループで集まる場合も気兼ねなく利用できるため、愛犬家とその愛犬たちの交流の場としても楽しく活用されています。

 

一方でこのようなドッグカフェときちんと分けて考えなければいけないのが、犬連れ可能な一般の飲食店で、「犬同伴可の飲食店」といわれますがこちらはあくまで一般の人を対象にした飲食店であり、来店する一般客とは違うスペースとして店内の一部などに「犬と一緒に過ごすことができる席」を設けるなどで「犬同伴可」のスペースを限定しているお店が多くあります。

 

ドッグカフェ」と「犬同伴可の飲食店」では、犬に対する許容度も対応もはっきりと異なり、犬を待たせる場所や一緒に入店できる頭数、利用時間など、ルールがいろいろあるときもあるので、お店に犬をつれていくときには、どのようなお店なのか確認したほうが無難です。

サプリメントの犬のおやつ

サプリメントの犬のおやつ

 

サプリメントとは、足りない栄養素を補うための食品で、基本的な立ち位置は、足りない栄養素を補うことにより基礎的な体をつくり、問題となっている症状へアプローチしていくものですので、ある症状に対して即効性ある効果は通常あまり期待できず、個人差もあり、効果が現れたとしてもゆっくりです。

 

人でも犬でも体調に特に問題なく健康体であれば特にサプリメントは必要ではないですが、加齢とともに免疫力や抵抗力、胃腸の働きなどが弱ってきますので、そのままの体調を維持するために用いて、健康をこころがけるのはよいことです。

 

関節炎がある、皮膚トラブルがある、胃腸が弱くなったなど、気になる症状が出ている場合には、フォローおよび改善を目的にサプリメントを使うことは、食事だけでは必要な栄養素を補えない場合もあるのでお勧めです。

 

犬用サプリメントやサプリメントおやつには、いろいろな種類の効能があったり、かわいい形をしていたりするので、選ぶことは難しいですが、気をつけたいことは、愛犬にとって本当に必要かをよく考えて、その体に必要なものを与えることで、体毛がふさふさできれいになるように、不自由なくあるける関節のために、目のためにとあれこれ与えすぎると過剰摂取による弊害も心配です。

 

サプリメントには、大きい分類として代表的な栄養素をバランスよく含んだベーシックサプリメントと目や関節など特定の目的別サプリメントがあるので、栄養をたくさん取れるようにするには、バランスよい栄養を摂取していないと相対的に吸収できないためベーシックサプリメントで底上げし、その上で特定の目的別サプリメントを使うといったやり方がよいようです。

 

また、サプリメントは病気で薬を使っている場合は併用に注意し、成分をよく確認して使いましょう。

犬のおやつレシピ

犬のおやつレシピ

 

市販の犬おやつ、いろんな種類がありますが、やっぱり塩分や添加物が心配な部分ありますよね。

 

手作りならその点安心だし、できたてのおいしい手作りは人間同様ワンちゃんも大好きです。

 

ここでは、人気のレシピを硬いもの、柔らかいものを紹介していきたいと思います。

 

まずは「鶏ジャーキー」で、材料は鳥の胸肉2/3枚だけで、焼き立てにカレーパウダーや、塩と粗挽き黒コショウなどの味付けをすると人間向けでもおつまみになりそうです。

 

まずは、胸肉を観音開きにして、斜めに薄く切り、天板にペーパーを敷いてお肉を並べます。

 

オーブンを150度にあたためておき、30~40分焼いたら完成です。

 

簡単な定番のおやつですが、やっぱり人気があるおやつです。

 

また、ちょっとゴージャスな桃とヨーグルトのケーキ(直径約10センチ)のレシピをご紹介してみましょう。

 

お誕生日ケーキに最適で、トッピングには桃やりんごなど季節の果物を飾るとゴージャス感がでますが、あまりあげるとおなかを壊してしまうこともあるので種の近くの部分(未成熟なものは犬の体に良くない成分があるので)を避け、気持ちとして1ピース1カットくらいに抑えた方が無難なようです。

 

薄力粉20グラム、グレープシードオイル大さじ1、卵1個、低脂肪乳20グラム、プレーンヨーグルト300グラム、飾り用に桃などの季節の果物を適量用意し、プレーンヨーグルトを、ざる&ボウルにクッキングペーパーを敷いて冷蔵庫で半日~1日水切りしましょう。

 

ほぐした卵黄に低脂肪乳をいれて混ぜ、グレープシードオイルを少しずつ混ぜながら加えていき、ふるった薄力粉をいれて白っぽくなるまでよく混ぜます。

 

別のボウルで卵白を泡立ててメレンゲをつくり、卵黄と乳をまぜたものにメレンゲをいれてふわふわになるよう混ぜ、150度にあたためておいたオーブンをで20分焼いたらスポンジの完成です。

 

焼き上がった生地をよく冷まし、冷蔵庫で水切りしたヨーグルトを塗り、お好みの果物をトッピングして、ワンちゃん用お誕生日ケーキのできあがりです。